オリジナル商品の証

金属製品への刻印が便利

本物の証として刻印を

パソコンや携帯端末スマートフォンの主流の世の中になり、プリンターも格安で手に入るようになり、印刷物などが気軽に手軽に個人でできるようになりました。しかし、製造物などのシリアルナンバーなどには、刻印が使われています。金属製品などに打ち込み、製造番号を刻むことが多いですが、革製品などにも使われます。金属製なので一度作るとしばらくの間は長持ちします。自身で作ったオリジナル商品の本物の証として、製造日やシリアルナンバーを刻むのには刻印が便利です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工業を支える化学プラント All rights reserved