化学工業の影響力

化学工業における石油の役割

化学工業における石油の役割

石油は化学工業において単体で1つの分野を占めるほど、近代において重要な地位を占めています。現代では繊維・樹脂・ゴム・肥料等の素材において、天然物以外のものはほぼ全ての原料を占めている事がその裏付けとなっています。更に樹脂の1カテゴリでもあるプラスチックは腐食に強い・整形が容易という特徴もあり、多くの分野で欠かせない素材となっています。最終生成品に至るまでの中間物にも用途の広いものがあり、伴って大規模なコンビナート施設による精製を要する事から、マネーベースで見た際の経済への貢献度も高いものがあります。石油はあらゆる工業分野における、下支えの役割を担っているという訳です。

幅広い分野で生かされる化学工業

化学工業は生産における主要な過程で合成反応を利用する分野となります。その範囲は幅広く、合成肥料、アンモニア誘導品、カーバイド、ソーダ、高圧ガス、無機薬品、硫酸、火薬類、タール製品、合成染品、有機薬品、プラスチック、合成ゴム、写真感光材料、油脂製品、染料、印刷インキなどに及びます。三大革新分野であるエレクトロニクス、新素材、バイオテクノロジーは、この技術なくしては成り立たず、これらの化学工業分野への参入が増えてきています。このことから、今後のハイテク化の浮沈はこの分野にかかっており、その影響力はますます大きくなっていくことでしょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 工業を支える化学プラント All rights reserved